金目でしょ

きちんと理解が必要。金ETF(Exchange Traded Fund)とは?⇒金価格に連動するように作られた(実際に発行額と同額の金を保有しているものと金の価格に連動するように公社債に投資するものなどがある)上場投資信託(上場投信)です。取引のある証券会社で売買できることから大変手軽だが、信託報酬が差し引かれることに注意。
金融取引を行う金融商品取引業者としての義務は、精一杯金融庁からの指摘を減らすことといえる。それで結果として、いわゆる「重大な違反」が発生する確率を大幅に下げるという目指すべき名誉につながることが多い。
【解説】株式投資すると、購入した企業が成長することで、その効果でキャピタル・ゲインに対するインカムゲイン(和製英語: 配当または利息などの利益など)という収入を手に入れられる。
【投資の前に】テクニカル分析とは⇒株式や商品取引や為替等の扱われる市場で、これまでにあった現実の実績の時間ごとの動きから、将来の市場の取引の変化について予想及び分析しようとする方法。
あまり知られていないが、金融商品を対象とした全ての取引業務金融商品取引法(昭和23年4月13日法律第25号)の定めに従って、規制されておらず、例をあげれば通貨の売買に係る取引(いわゆる両替業務)には金融商品取引業の登録は不要なのです。
重要。「金融仲介機能」と「信用創造機能」加えて「決済機能」の3つの重要な機能を通常銀行の3大機能と言う。これは「預金」「融資(貸付)」「為替」という銀行の本業、最も大切な銀行の持つ信用によってはじめて実現できているものであると考えられる。
2007年に設立された株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行が実施しているサービス等は2007年に廃止された郵便貯金法の規定に基づいた「郵便貯金」としては取り扱わない。銀行法(昭和56年6月1日法律第59号)の規定に基づいた「預貯金」を適用した商品ということ。
間違えやすいけれど、株式とは?⇒社債などと異なり、出資証券(つまり有価証券)であり、株式に記載されている企業には株式を手に入れた株主について返済の義務は負わないのです。さらに、株式は売却によって換金できる。
一般的にスウィーブサービスの内容⇒今までの銀行預金口座と証券取引のための口座、2つの口座の間で、株式等の取引で発生するお金が自動的に双方に振替えてくれる画期的なサービスである。同一金融グループ内での優良顧客を囲い込むための戦略である。
【紹介】金地金の基礎。現物の金を扱わず、一定金額を積み立てる純金積立とはかなり異なり、純金(金以外の金属や半金属も)の現物(いわゆる延べ棒)を身近な純金販売業者(地金商、鉱山会社、銀行、証券会社、商社等)で取り扱っている。注意しよう⇒地金のうち500g未満の地金(1kg約380万円:2010年)には加工手数料がかかるので、通常は500g以上をまとめて購入します。
最近は投資信託の対象の中でも、コスト軽減が実現できる販売に係る手数料無料のノーロード型とか、定期的に収益が分配される分配型や、指数(インデックス)連動なのでわかりやすいインデックス型(商品価格、商品指数などの指数(インデックス)に連動)が非常に注目の的となっています。
損保会社の業界団体である日本損害保険協会は、わが国の損害保険業及び会員である会社の健全で良好な発展ならびに信頼性の前進を図ることにより安心、なおかつ安全な社会を形成することに寄与することを目的としているのだ
【トラブル】アセットアロケーション:金利や株そして為替の3つは強く関係しあっていて、3つの市場の動きを常に観察することが常識。興味のある商品のみならず、違う金融商品にも資産を分散して確実に投資することが重要です。
麻生総理が誕生した2008年9月に起きた事件。アメリカの最大手投資銀行のひとつであるリーマン・ブラザーズが誰も予想しなかったことに経営破綻したことはご存じだろう。このことがその後の世界の金融危機の原因になったため「リーマン・ショック」と呼ばれることになったわけだ。
【用語】保険:突然起きる事故により発生した財産上の損失を最小限にするために、同じような多数の者がそれぞれの保険料を出し合い、集めた積立金によって予測不可能な事故が発生した者に定められた保険金を給付する制度です。